ワゴンRのATFを交換!【後編】

ネットを見ていると、

20,000km毎に交換
廃車まで無交換で大丈夫

など意見が分かれている

ATF(オートマチックトランスミッションフルード)

交換するなら上手くやらないと、
逆にミッションを壊してしまうことになるという話も見かけます。

ただ、オイルなので交換した方がミッションは長持ちしそうな気がしますし、
交換後は劇的に燃費が良くなったりするらしいので、

自分もATFを交換してみることにしました!

記事は2つに分けましたが、ここからは後編です。


スポンサーリンク



参考:
ワゴンRのATFを交換!【前編】


前編ではオイルパンを外して清掃し、
ATFを抜けたのと同量補充するところまでいきました。


さてここから、しばらく走行してフラッシングしていくわけですが、
自分は50km程度走行しました。

ATF交換は初めてだったので、
途中でATF漏れ等のトラブルがあってもすぐ対処できるように、
交通量の少ない道を選びました。


フラッシングが終わったら、
もう一度ドレンボルトからATFを抜き、
オイルパンを外して清掃します。



ATF新旧比較2回目(左:旧、右:新)

古いATFの黒さが1回目と変わっていないような...

とはいえ、さらにもう1回フラッシングして
交換できるほどATFを準備してはいなかったので、
今回はフラッシング1回で終わることにしました。


ということで、いくつか部品を新品に交換しておきます。


まずはドレンワッシャ


左:新品、右:中古

これはエンジンオイル交換のときに使うのと同じものです。



次にストレーナー


赤丸の場所にあるフィルターのことです



少しゴミが引っ掛かっています(ボルトは10mm)

ストレーナーの網目がゴミで詰まってしまうと、
十分にATFを吸い上げられず、
変速不良車速が上がらないということになるようです。


逆にストレーナーの網目が破れたりしていると、
大きなゴミをそのまま吸い上げてしまうので、
それがギアに挟まったりしてミッション破損の原因になるのだとか...


そんなわけなので、
ATFを交換するときはストレーナーも新品にしておきましょう!



ストレーナーを外すと、少しATFが漏れてきます



一見綺麗ですが、破れたら嫌なので交換します



ストレーナーはATFと一緒にディーラーで注文しました



あとは液状ガスケット


ThreeBond 1207B」というやつを使いました

オイルパンの淵に液状ガスケットを塗っておかないと、
後々ATFが漏れてくることもあります。

少し値段は高いですが、
ATFが漏れ出すと面倒なことになるので、
安心を買った感じですね。


古い液状ガスケットをできるだけ除去した後、
オイルパンの淵に途切れることなく塗っていき、
丁寧に組み付けるようにしましょう。

量ですが、オイルパンのボルトを締めたとき、
ほんの少しはみ出してくるぐらいでいいと思います。


液状ガスケットは固まるまでに時間がかかるので、
オイルパンの組み付けまで終わったら、
ATFは補充せずに一晩置いておきました。



液状ガスケットが固まったら、
最後にATFを規定量まで補充します。


ここでATF量の測り方ですが、

  1. ATFを温めるために10~20分走行
  2. 停車してギアをPに入れる
  3. エンジンは切らずに、レベルゲージを抜いてウエスで拭く
  4. もう一度レベルゲージを差して抜き、レベルを読み取る

という感じです。


ATFの温度が低かったり、
エンジンが止まっていると、
正確にATF量を測れないので注意が必要ですね。



エンジンオイルのレベルゲージより読み取りやすかったです


エンジンオイルの場合は下限寄りにしておくと、
燃費が良くなったりするらしいですが、

ATFの場合はどれぐらいが良いのかわからなかったので、
とりあえずセンター付近で合わせておきました。



というわけでATF交換は完了です!

交換後1週間ぐらいはオイルパンやドレンボルトの位置から
ATFが漏れてきていないか気にしておきましょう。


初めてということもありけっこう時間はかかりましたが、
ATF交換後は変速時のショックがかなり減り、
燃費も良くなりました!

自分で作業する場合はトラブルがあっても自己責任ですが、
無事終われば、車への愛着がさらに湧いてきますよね。

チャレンジしてみようという人は参考にしてみてください!


スポンサーリンク


最後までご覧いただきありがとうございます。
こちらのバナーから、
スズキ(車)ブログランキング
にアクセスできます。

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 車ブログ スズキ(車)へ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください